fc2ブログ
Top Page › ゲーム › Switch › 【FREDERICA 体験版】体験版クリア後・各クラスの特徴&感想《Swicth》-2

【FREDERICA 体験版】体験版クリア後・各クラスの特徴&感想《Swicth》-2

2023-09-18 (Mon) 20:22
【FREDERICA 体験版】
体験版で制限されている範囲まで進めました。

今回は、【追加で判明した事】と【バトル関連】、
【各クラスの特徴と感想】、
【まとめとゲームの感想】を書きます。

其の前に昨日、気になっていました《にぎやかし》
game_ss1123_20230918155932d98.jpg
後でオプションをチェックしましたら、
ボイスの再生ON/OFFもありました。
ゲームスタート時、最初の設定の項目には
無かったのですが…。

game_ss1124.jpg
そして、アイテム取得…これは思い切っていますね。
ただ、《ツヨクナール》が欲しい為、このままにします。
正直、取得云々の前にレアが出たときの
特別な演出や、自動取得機能が欲しかった
ですね。

game_ss1126.jpg
そして《難易度》
体験版では変更出来ない為、製品版で、ですね。
マモノが強くなる他に、落とす素材も違うのですか。

【バトル】

【FREDERICA】のバトルシステムはシンプル
簡単操作で安心出来るかと思えば、そうでもなく…
また、アクションRPG好きの方には
不満な点が多いかもしれません…というのが個人的な感想です。

基本的な操作では、
ダッシュ・ガードはありません。
回避はありますが、インターバル有。
(インターバルは、武器やアクセサリー、
魔石に短縮効果が付いてるものがあります)

そして、ターゲットロックも無く、近くの敵に赤い枠が付くものの
必ず攻撃が当たるという事ではなく、
現在の攻撃対象という程度です。

とはいえ基本的なバトルシステムに、不満や微妙な点は多いものの
一番良かった事は、MP・SPが無い事ですね。
アクションRPGでスキル使い放題は爽快ですし、
…ただ、先程書きましたが、ターゲットロックが出来ない為、
いくつかのスキルは敵に殆ど当たらずに外れます。


そして最初は恐くてスルーしていましたが、

game_ss1114.jpg
《ニトロ樽(正式名称は不明です)》、これは強すぎです。
攻撃しますと、数秒後に爆発し、サークル内の敵を一掃します。
殆どの敵を一撃で倒せて便利なうえに、
チャレンジミッションもあります為、どんどん活用しましょう!

また、レベルアップ時も同じように
サークルが出現するのですが、
此方はサークル内の敵を必ず一掃
します。

【大穴探索 追記】

《マモノ》

game_ss1129.jpg
クリア後に探索しているとき、宝箱が急に動いて驚きました。
ミミック系のように強いかと思えば、逃げる宝箱
《オタカランナー》さんで、
ルーンをバラまきながら逃げて行きます。

game_ss1130.jpg
そして《ドクバッチの木》、
攻撃する度に《ドクバッチ》さんが出現、どんどん増えます。

敵が多い中、攻撃しないのが吉ですね…。

《フロア》

game_ss1131.jpg
少し驚いたのですが、
《姫の涙》、《下層へ降りる場所》が
2つあるフロアがあるのですね…。
各フロアに、1つだけかと思っていました。

game_ss1147.jpg
そして一番驚いたのが、《モンスター部屋》ですね。
真っ暗なフロアで驚いていましたら、明るくなったと同時に
大量のマモノに囲まれていまして、二度驚きました…。

【クラス】

7人をLv.10にしまして気付いた事、其々の特徴や、戦い方、
気になった点等を書きます。
あくまで個人の感想の為、
読者様御自身の手でも判断を願います。

《ワンダラー》
game_ss1132.jpg game_ss1133.jpg
扱いやすいのですが、ガードが無い今作で
盾は守るのではなく武器
と言いますのが…。
スキルは、攻撃系2つと防御ステータスアップ1つ。
アクションRPG個人的バトルスタイルで、
基本的にステータスアップを使わない為、攻撃スキル2つを上げましたが
回転切りは、威力ではなく今後、範囲を広くする強化が欲しいですね…。

戦い方は、シールドタックルでスタン→通常攻撃、
敵が、まとまっていた場合は回転切り。

シールドタックル(スタン有)、回転切り(吹き飛ばし効果有)
優秀なスキルが揃っているクラスですね。

《アーチャー》
game_ss1134.jpg game_ss1135.jpg
一番扱い辛かったです…すみません。
好きな声優さんで期待していましたら、まさか7人中
最も扱い辛いクラスとは…。

ターゲットロックが出来ないせいもありますが、
とにかく攻撃が当たりません…。

特に注意したいのが、坂の途中では必ず当たりません。
(マモノの弓矢攻撃は坂の途中からでも此方に当たりますが…)
…結論、至近距離で当てるしかないですね。

と、通常攻撃、スキルともに、なかなか当たりません。
ベアトラップで動きを止めて狙い撃つという方法もありますが、
敵がトラップ内に上手く来てくれないのですよね…。

《ファーマー》
game_ss1136.jpg game_ss1137.jpg
とにかく素早く、バトルというよりは探索向きではと思うくらい
移動スピードが早いですね。
ただ、攻撃スキル以外(混乱付与スキル・ランダムステータスアップスキル)の
発動が遅い
為、インターバル短縮効果を持った装備品を装備する事で
より扱いやすくなるのではと思います。

(混乱付与の《ちょうちょ!》は、敵が多いときに使えば
同士討ちで倒しやすくなるのが良い為、
インターバルを短縮させたいなと思いましたね)
と、個人的には扱いやすいとは思いましたが…、
《どいたどいた!》という突進スキルは、ターゲットロックが出来ないうえに
直進しか出来ず、スキが多い
為、
吹き飛ばし&スタン有と、強いのですが慎重に狙う必要があるかと。
ちなみに、唯一レジェンダリー武器がドロップしませんでした…。

《ファイター》
game_ss1138.jpg game_ss1139.jpg
最初に選びまして、他のクラスが扱いやすいのでは
と思えば、一番扱いやすかったですね。
見た目も声優さんも好きな為、メインに使ってしまいそうです。
ファイターの定めで、リーチは短く
多勢相手には不利
ですが、スタン有のスキル
グラップルを使えば、時間はかかるものの
個々を確実に着実に撃破出来る
事で、
《ワンダラー》さんと並んで《記憶の裂け目》が楽に攻略出来ましたね。
ちなみに1階層のボスさんにもグラップルのスタンは有効で、
安全に挑める為、オススメです。

《キャスター》
game_ss1140.jpg game_ss1141.jpg
まず驚いたのが、回避がテレポートと、
ダッシュではありませんでした。ただ、テレポート回避は
少々癖があり、今でも少し慣れません…。
《キャスター》さんも攻撃が当たり辛いですね…、特に
距離を詰められたり、敵に動かれますと
殆ど攻撃が当たりません。

通常攻撃とスキル発動が遅い《キャスター》さんなうえに、
マモノさんは此方を見つけますと殆どが前進してきまして
扱い辛いですね…。
其の為、グラビティホールで引き寄せ→攻撃が確実ですね。
また、ニトロ樽近くにグラビティーホールを放ち、
敵をまとめて一掃するコンボは最強
かと。

《ローグ》
game_ss1142.jpg game_ss1143.jpg
意外だったのですが、《ローグ》さんも回避はテレポートでしたね。
スキルは、やや癖があり、スキもあり、
《アーチャー》さんの次に、ダメージを受けやすかった
です…。
範囲攻撃のダメージ量を増やせば、
もう少し扱いやすくなるのでは
と思いますが…。
やはり、《ローグ》さんもターゲットロックがあれば
化けるのではと(突進系スキル、急襲は強いのですが)

《ウォリアー》
game_ss1144.jpg game_ss1145.jpg
個人的に驚いたのが、他の方と移動速度が変わらない事でしたね!
重い武器持ち=鈍足というのが鉄則のようなものでしたから。
ただ、やはりスキルは威力高め、動作重めですね。
とはいえ咆哮(スタン有)、薙ぎ払い(吹き飛ばし)がある他、
突進と、優秀なスキル揃い。

変わらず突進系スキルは外しやすい為、咆哮でスタンさせてからが無難。
薙ぎ払いは、武器を立てた後に払う動作で、少しの間とはいえ
すぐには攻撃しない為、注意が必要ですね。

そして、《ファーマー》さん同様、インターバル短縮を持った
武器やアクセサリーを装備させれば、もっと扱いやすくなるかと。



クラスの総評ですが、やはりターゲットロックが無い事で
突進系スキルに難有り
、またどうしても
スタン効果を持ったスキル持ちのクラスが有能というのが…。
とりあえず、上級職は、どうなっているのでしょうか。
楽しみですね。


最後に、特殊効果付与は、ステータスアップだけではなく
レアドロップ率を上げる効果等、
ステータスアップ以外のも欲しいなと思いました。

製品版に、ありますでしょうか。



【FREDERICA 体験版】記事一覧
《体験版レビュー・感想・解説》


--------

【FREDERICA】CERO:A
Switch
DL版・製品版2023/9/28
DL版・製品版 \5,478(税込)
*体験版有り

steam
2023/10/4

Ⓒ2023 Marvelous Inc.
【FREDERICA 体験版】
スポンサーサイト





ブログランキング・にほんブログ村へ
Last Modified : 2024-02-29

Comments







非公開コメント